あがり症.com TOP

あがり症.comへようこそ!

現代社会に生きる私たちは、様々なコミュニケーションシーンで生き抜いていくことが求められています。

対人コミュニケーションから始まる職場のコミュニケーション、仕事で契約の取引など、取引先の人間とのコミュニケーション、学生なら学校と言う環境でのコミュニケーション、と、コミュニケーションの場面にはきりがありません。その中で生きていくのなら、自分のためにもなるべくスムーズにこなしてきたいですよね。

しかし、残念なことに、上手くやろうと意気込んでもなかなかうまく立ち回れないのが現実です。特に私たち日本人は、自分の意見や言い分をはっきり言うことに苦手意識を抱く傾向があるのです。これは日本人の特性と言ってもいいことなので、自分だけと悩む必要はありませんが、やっぱり気になるもの。

特に、相手の面前で緊張してしまうのを避けられないケースが多いようです。これは、自分で恥ずかしく思うのはもちろん、相手にもただならぬ印象を与えてしまいます。とは言え、ミスなく行おうとどんなに入念な準備をしても、失敗は必ずしも避けられるものではないことが厄介なものです。このような症状を、あがり症と言います。

このような場面において、あがり症は非常に深刻なケースです。人前で上がってしまうこと自体は外的要因などが関わってくるため、さほど問題ではないですが、人が絡む場面になるとリスクは大きくなってしまいます。

相手側の人間は、話す内容はもちろん、その人のコミュニケーション能力もしっかり見ているので、肝心な場面であがってしまうと当然ながらマイナスの印象を受けます。ノンバーバルコミュニケーションの効果とも言いますが、態度や話し方などのノンバーバルな仕草が、本来の話の内容の質を高めたり下げたりするのです。

しかし、このあがり症は絶対に直すことができないものではありません。努力と意識次第で必ず直すことができるものです。今回はそんな皆様のために、あがり症の原因や対処法について詳しくご説明します。知りたい所から始めて、あなたのあがり症を改善していきましょう。

伊豆 PADIダイビングライセンス・Cカード取得 東京
伊豆でPADIダイビングライセンス・Cカード取得をお考えなら東京中野のダイビングスクール・ダイビングショップ「イーストダイブ」へ!東京(新宿駅)-伊豆半島 無料送迎!

二重まぶたのメイク化粧品
http://eyehorn.jp/

名古屋 リフォームhttp://yukikentiku.sunnyday.jp/